理念・方針

①保育の内容

社会福祉法人松元中央福祉会の運営する松元中央保育園は、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行うが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行う。

なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努める。また、家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。

②保育の基本方針

保育方針は、「保育所保育指針」に依拠して、職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義とする。また、常に児童の最善の幸福を願うために保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明ななところがあれば平易に説明をして、よりよい保育のために努力研鑽することを基本とする。

1.子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。

2.子どもが健康安全で情緒の安定した生活が出来る環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。

3.豊かな人間性をもった子どもを育成する。

4.乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、わかりやすい用語で説明をして、公的施設としての社会的責任を果たす。

特色・保育内容

●当園の特色

・礼儀、マナーが自然に身に着きます

子どもたちに教える前に、まずは保育士同士が「です・ます」で話を心掛けます。そして、子どもたちへも基本は「です・ます」で話をいたします。子どもたちは自然にきれいな言葉を身に着けます。また、朝夕のご挨拶から、入退室の「失礼します。失礼しました」出戻りの「行ってまいります。ただいまでした」も日頃の習慣から自然と口に出していうようになります。

・気持ちの良い清潔感が身に着きます

基本である「清潔」はどこのご家庭でも同じだと思いますが、特に細かく日々過ごしています。手を洗った後の拭け具合のチェックや、汗をかいた、洋服が汚れてしまった時の着替え、日々外遊びから戻るときは必ず足洗いを行います。

・物を大切にする心を育てます

怪我をするからものを投げない、危ないから乗らないことは勿論ですが、それだけでなく、本来の正しいものの使い方を身に着けていただくことも大切にしています。違う使い方や、危ないこともたまには子どもたちの気づきであったり、新しい発見ではありますが、まずは本は読むもの、イスはまっすぐ足を下ろして座るもの、机は何かをする台であることなど、本当に基礎のことですが大切にひとつずつ伝えています。

活動内容:和太鼓

対象年齢:年長児

子どもたちの憧れの太鼓は、毎年年長になった子どもたちが、初めて5月下旬から少しずつ始めます。

太鼓指導研修を受けた職員が毎日朝夕30分程度、先生の手をみて一生懸命真似をして覚えます。

7月の夕涼み会が初舞台で、地域の施設慰問や、地域文化祭、保育園内では運動会に皆さんにご披露いたします。

活動内容:サッカー教室

対象年齢:3,4,5歳児

園裏グラウンドにて、毎週金曜日に太陽スポーツクラブの先生に習っています。

年長児は年に一度保育園のユニフォームを着て、県のサッカー大会に出場します。

その他

英語教室・ワーク(文字・数・シール等年齢に応じたもの)・陶芸体験・ハンドベル
ピアニカ・季節の製作・折り紙・お絵描き・室内外自由遊び